人件費をめぐる葛藤

 札幌の飲食業を内緒で応援する税理士です。

 飲食業の経営者であれば少なからず雇用(求人)と人件費(賃金)の悩みはあると思います...

 まぁ、飲食業に限らずどの業種でも雇用と人件費の悩みは尽きないものですが...

 カウンター数席のお店であれば経営者のワンオペでも対応可能かもしれませんが、通常の飲食業ではなかなかワンオペというのは難しい...

 かといって社会保険料を負担してがっつり雇用を維持するというのも理想ではあるけれど実際には...

 週に20時間未満のシフトで入れるアルバイトであれば負担は時給と労働保険(労災)だけですから、結構な割合の飲食業がアルバイトだけで回しているのが現実だと思います...

 それでも最近は最低賃金が毎年数十円単位で上昇していますので...

 賃金や材料費などはひたひたと上昇している中で飲食業の客単価はなかなか上昇しません(涙)

 多くの小規模な飲食業とお付き合いしている身としては...

 人件費の圧縮を真剣に考えないとそろそろヤバいのでは~などと思っています...

 この先も労働人口は減る一方ですしね...

 大手チェーンファストフード店(牛丼やラーメン店)などでも食券制でセルフサービスに移行しているところが多いですよね...

 タッチパネルの注文も大手ではかなり普及していますよね...

 これはある意味当然の流れだと思います...

 これからは配膳もロボット(機械)運用に移行していくことは確実でしょう...

 本当は...

 こういう合理化は中小零細企業が率先して導入していくべきだと思っています...

 とはいうものの...

 合理化には投資がつきものでタッチパネル注文に配膳ロボットの導入などをがっちりやれば数百万円は必要ですから簡単ではありません(汗)

 それでも...

 これから飲食業を開業するのであれば合理化(ロボットやシステムなどの導入)は絶対に検討しなければならないと思っています...

 年間の人件費と合理化への投資を比べれば躊躇する理由ないと思います。

 客単価の低い、小規模な飲食業ほど、合理化の必要性が大きい...

 顧問税理士も、そのための資金調達の検討などもしっかりサポートしていかないと...

 店舗だってバリアフリー(ロボットの動線確保)で仕立てないと...

 面倒くさいことほど後々、効いてくるものですからね...



北海道札幌市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
「ポチッ!」としていただけると励みになります<(__)>


スポンサーサイト



コメント

プロフィール

northstartax

Author:northstartax
これから札幌で飲食業を起業しようと考えている方を応援するために経営や税金のちょっとした知識を日記で書き綴っていきます。
個別のご相談はお気軽にメールフォームからお問い合わせください。
(札幌市内の飲食業を起業・経営されている方に限らせていただきます。)

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
コメントは管理者が承認したもののみ表示されます。
リンク
相互リンクをご希望の方はメールフォームからご連絡ください。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タイバーツレート
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
検索フォーム
ブログ内検索ができます過去記事チェックにご利用ください。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
QRコード
QR
訪問ありがとうございます
人気ブログランキング