適格請求書等保存方式を考えると憂鬱です

 札幌の飲食業を内緒で応援する税理士です。

 ご存じのとおり...

 10月1日から消費税が10%に改定され食品と新聞(定期購読分)は8%の軽減税率が適用というなんとも微妙な感じで...

 今までの消費税増税と異なるのは軽減税率ですね...

 会計ソフトの入力レベルのお話だと今までは消耗品1080円なら黙っていても消費税が80円でした。

 これからは消耗品でも消費税が8%と10%に分かれますので少なくても消耗品という勘定科目をさらに消費税額で分類する必要がでてきます。

 消耗品の他に福利厚生費や接待交際費なども同様ですね...

 もちろん仕入高(売上原価)もです...

 10月以降、こういった課税仕入の管理に関するお悩みが多発しています(汗)

 会計ソフトで入力の都度8%とか10%とか入力するのか?

 補助勘定(インデックス)で管理するのか?

 いっそのこと勘定科目レベルで2種類に分けてしまうのか?

 このブログを読まれている方の中にも会計ソフト入力で溺れている方ががいらっしゃるかもしれませんね...

 さらに...

 令和5年からは適格請求書等保存方式が導入されます。

 制度の詳細は改めて書くこととして...

 この制度の経過措置で適格証明書なしの課税仕入が消費税額の80%(将来的には50%を経て不算入に)参入という悩ましいことになっています。

 つまり...

 消耗品費のなかに消費税10%、消費税8%、消費税10%の80%、消費税8%の80%と課税仕入参入率でなんと4分割(汗)

 これは会計ソフトで管理するのはかなり厳しいです...

 消費税だけ別のシステムで管理するようになるのでしょうかね...

 税理士もこの部分はまったく未開の地です...

 システムが対応したとしてもデータ入力は人間の作業ですしね...

 あと4年です。


北海道札幌市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
にほんブログ村
「ポチッ!」としていただけると励みになります<(__)>

スポンサーサイト



コメント

プロフィール

northstartax

Author:northstartax
これから札幌で飲食業を起業しようと考えている方を応援するために経営や税金のちょっとした知識を日記で書き綴っていきます。
個別のご相談はお気軽にメールフォームからお問い合わせください。
(札幌市内の飲食業を起業・経営されている方に限らせていただきます。)

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
コメントは管理者が承認したもののみ表示されます。
リンク
相互リンクをご希望の方はメールフォームからご連絡ください。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タイバーツレート
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
ブログ内検索ができます過去記事チェックにご利用ください。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
QRコード
QR
訪問ありがとうございます
人気ブログランキング